海外の仮想通貨取引所まとめ(随時更新現在11個)

2018年6月5日仮想通貨仮想通貨, 草コイン

はじめに

日本にも取引所はありますが、海外に拠点を置く仮想通貨取引所を利用するメリットはたくさんあります。
ただ、デメリットもあるので、まずはメリット・デメリットについて説明できればと思います。

メリット

・有名になっていない通貨を購入できる
→中には数十倍・数百倍になった通貨もあります

・日本の取引所が扱っていない通貨を購入できる
→日本の取引所は扱っている通貨があまり多くありません。。。

デメリット

・価格の上下が激しい
→有名でないコイン(草コイン)の多くは価格の幅があります。

・言葉や文化の問題と保障の有無
→海外取引所でなにか問題があった場合には、英語等で運営とやり取りをする必要があります。また盗難などがあった際にも保障がほとんどありません。

・開発が終わっている無価値なコインが混ざっている
→購入前に調べるようにしましょう

こんな方におすすめな記事です

国内取引所の操作になれた方

国内取引所で取扱が無い通貨を欲しい方

取引手数料を安くしたい方

最終更新:2018年2月18日

取引所紹介

Bitfinex

Screenshot of www.bitfinex.com

世界で一番ビットコインが取引されています。こちらはとりあえず登録だけでもしておくことをおすすめします。

Binance

Screenshot of www.binance.com

香港拠点の取引所。使いやすい仕様になっています。一時日本語で利用できましたが現在は日本語対応していません。取扱通貨も多い上にwhitepaper等がしっかりしている通貨を厳選して上場させている印象があります。取引通貨数120以上で独自トークンBNBで取引手数料を支払うことで、取引手数料を半額にすることができます。

Bithumb

Screenshot of www.bithumb.com

韓国の取引所。日本語対応しているサイトです。韓国での大手です。

Huobi

Screenshot of www.huobi.pro

中国の取引所。変わった通貨を取扱していますが、個人的にはBinanceのサブ的に利用することが多いです。

Bittrex

Screenshot of bittrex.com

2014年設立のアメリカの取引所。取引通貨も多く(200以上)おすすめな取引所です。登録を停止している期間もあるので、登録可能な際に登録だけでもしておくといいかもしれません。

Hitbtc

Screenshot of hitbtc.com

ICO後に上場する通貨が多い印象。この取引所でしか購入できない通貨もあります。ただトラブルが多いので、気をつけて利用しましょう。

※まもなく日本からの利用に制限がかかる予定です。

Livecoin

Screenshot of www.livecoin.net

ロシアの取引所。300前後の通貨を取引可能です。

Kucoin

Screenshot of kucoin.com

2017年9月から始まった取引所。韓国の取引所。使いやすく、個人的にしっかりした通貨を上場させている印象があります。登録だけでもしておくことをおすすめします。

Cryptopia

Screenshot of www.cryptopia.co.nz

魔境とも呼ばれる草コイン(投機コイン)の宝庫。リスクはあるが大きく稼ぎたい方むけ。

Yobit

Screenshot of yobit.net

運営元不明の取引所。トラブルも多々あるものの、ここでしか扱いがない通貨もあります。

CryptoBridge

Screenshot of crypto-bridge.org

分散型取引所で、積極的に新しい通貨を上場させている。草コインを取引したい人におすすめ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
海外の取引所の多くに登録だけはしていますが、個人的によくトレードしているのは、草コインをトレードすることが多いので「cryptopia」「kucoin」「binance」「cryptobridge」です。

海外の取引所と言っても、それぞれ特徴があり扱っている通貨も違います。各々の目的にあった取引所を利用するといいかもしれません。