【草コイン】現在保有している仮想通貨紹介します【2018年6月版】

2018年7月20日仮想通貨仮想通貨, 草コイン, その他

はじめに

こちらのページでは、いま現在このブログ「Coininf」を運営している筆者が所有している草コインを紹介していきます。

現在マスターノード実装予定の通貨や、これから上げて行きそうな取引所トークンのICOなど、草コインといっても幅広く所有しているつもりです。もちろん簡単に通貨の特徴やオススメポイント等お伝え出来るように説明しています。

少しでもこちらのページを閲覧頂いた方に、有益な情報をお届け出来ればと思います。

では、早速紹介していきます。

※メジャーコインは省きました。

通貨紹介

SHIELD(XSH)

Screenshot of www.shieldx.sh

現在400位前後のVERGEを元にした匿名性通貨。2018年度中にPoS・マスターノード(20万枚)、シャーディング(処理能力の向上)、スマートコントラクトの実装予定です。

そして何より量子耐性も実装予定で、2018年度中にある程度まで機能が出揃う予定のためガチホ予定の通貨。

開発者がとても紳士的な対応をしており、基本的に開発期限を守ってくれていることも安心感があって◎。

マスターノードの利率も年9%予定で現実的な数値。私は長期に渡って保有し続けようと考えているオススメ草コインです。

Aidos Kuneen (ADK)

Screenshot of aidoskuneen.com

現在1400位前後の匿名性DAG通貨。DAG構造のため手数料無料+匿名性+量子耐性+銀行提携済みの通貨。

現在は専用取引所のみで売買可能ですが、いくつか上場することも決定しており今後に期待の通貨です。

こちらもXSHに続き長期にて保有予定の草コインです。

PACcoin ($PAC)

Screenshot of paccoin.net

現在250位前後の匿名性コミュニティ通貨。筆者はマスターノード通貨が大好きなため購入。

マスターノード通貨の場合、取引所へ上場したら運営が開発を終える通貨が多いですが、通貨としての開発も行われておりコミュニティも運営も活発に動いていることが特徴。

複数のメディア開発が進捗中のため、マスターノードで枚数を増やしつつ中長期での保有を考えている草コインです。

Triggers (TRIG)

Screenshot of www.blocksafefoundation.com

スマートガンのための仮想通貨。昨年11月末からずっと保有している通貨です。購入理由はマスターノード実装があったからです。

この通貨が掲げる理念にも共感し購入しました。スマートコントラクト機能があったり、マスターノード機能もあります。ただ運営側に最近不信感を持っているため損切りも視野に入れている草コインです。

CryptoBridge(BCO)

Screenshot of www.crypto-bridge.org

分散型取引所トークン。ステーキングをしているため強制ガチホ中。まだまだステーキング期間があるため忘れて待ち状態。
ステーキングが終わり価格が上がっていれば売却予定。

CryptalDash(CRD)

Screenshot of www.cryptaldash.com

エストニアの新興取引所トークン。機関投資家向けの取引所のため、利用する人は限られる可能性はあるものの、長期的には上がるのではないかと思いICOで購入しました。

TOPBTC(TOPB)

Screenshot of www.topbtc.one

イーサリアムに基づく通貨。取引手数料等利益の50%がTOPBのバーンに利用。取引手数料をTOPBで支払うことで50%の割引を受けることができ、新しい通貨のエアドロップも受け取ることができるため購入。基本的にポンジースキームっぽくない取引所トークンを購入しようと動いてます。

その他の草コイン達

XUEZcoin(XUEZ)

Screenshot of xuezcoin.com

匿名マスターノード通貨。現在マスターノードで運用中。折を見て売却予定。

ABJcoin(ABJ)

Screenshot of abjcoin.org

PoSアラブ通貨。最近フォークがありABJCommerceも付与されました。もうちょい保有して折を見て売却予定。