【2018年度版】Binance(バイナンス)の登録方法と操作方法【画像つき】

2018年6月4日仮想通貨仮想通貨, 取引所

Binanceについて

Binance』は2017年7月に香港で誕生した取引所で、現在は本拠地をマルタ島へ移し活動しています。日本人で当時仮想通貨に興味のあった方は、2017年末の仮想通貨ブーム時に知った方が多かったと思います。最近では何度も取引高世界1位に何度もなっている、人気の取引所に成長しました。

その人気の理由としては、取扱通貨の多さ(2018年6月現在120以上)とサイトとスマホアプリの操作性の良さがあると思います。またICO後にそのまま上場するケースもありますが、新規上場を利用者の投票で決めるため人気のある通貨が揃っています。

取引所の独自通貨(BNB)があり、そのBNBによって取引の手数料を支払うことで取引手数料を半額にすることができます。

海外の取引所ということで利用をためらった方もいるかもしれませんが、Googleの翻訳機能等を使えば外国語ではなく日本語での利用も可能です。

登録も5分あれば完了する程簡単です。本人確認をしなくても一日2BTCまで出金可能なところも人気のある理由の1つだと思います。

チェックポイント

翻訳機能で日本語でも問題なく利用可能

取引高世界1位の取引所

取扱通貨は120通貨以上(2018年6月時点)

新規通貨の上場を投票で決める

登録が簡単、本人確認無しで一日2BTCまで出金可能

Binance登録手順

アカウントの作成

下記画像をクリックし『Binance』を開きましょう。

画像の右上赤枠「Register」をクリック。

下記画像に必要事項を記入していきます。

記入欄について

Email:メールアドレスを入力

Password:パスワードを入力

Confirm Password:パスワードを再入力

Referral ID:紹介者がいる際に入力されています

最後にチェックボックスにチェックを入れて、「Register」をクリック

登録後すぐに下記画像のような確認メールが送られてきます。
Verify Email」をクリック。

注意事項を確認しチェックしましょう。

ここまでの作業でアカウント作成は完了です。

セキュリティ設定(2段階認証)

次は2段階認証についてのページへ移行します。
安全に利用するために必ず2段階認証は設定するようにしましょう。

2段階認証「Google Authentication」については別ページにて説明しています。

Binance操作方法

コイン管理画面「Balance」について

上部メニュー「Funds」内にある「Balance」へ行ってみましょう。下記画像のようにコイン一覧画面へ移行します。このページでは所有しているコインの確認・管理を行うことが可能です。

チェックポイント

Deposit:入金方法

Withdrawals:出金方法

Trade:通貨取引

入金方法「Deposit」

「Balance」画面の各通貨右側にある「Deposit」をクリックすることで入金画面へ移行します。
表示されている「Deposit Address」へコインを外部取引所から送金することで入金が可能になります。

出金方法「Withdrawals」

「Balance」画面の各通貨右側にある「Withdawals」をクリックすることで入金画面へ移行します。

記入欄について

Withdrawals Address:送付先アドレスを入力

Amount:送付したい数量を入力

入力後内容を確認し「Submit」をクリック

取引方法「Trade」

下記画像のような画面が表示されます。

記入欄について

Price:売買したい金額を記入

Amount:売買したい数量を記入

Totalには自動計算で総計が表示されるので確認し売買を。

その他

スマートフォンアプリについて

バイナンスにはスマートフォン用アプリがあります。

※現在iphoneの方はApple Storeにアプリが無いためWeb上からの設定が必要となります。

本人認証について

本人認証を行うことにより、一日の出金可能額が2BTCから100BTCへ増やすことが可能です。
Submit Verification Documents」をクリック。

赤枠内「Personal」をクリック。

記入欄

ID Type:Otherを選択

Given name:名前を記入

Surname:姓を記入

Sex:性別を選択

Country/territory:国籍を選択

Passport/ID Number:パスポートか運転免許証のIDを記入

その後パスポートや運転免許証をアップロードし「Submit

フィッシングサイトに注意

一時期バイナンスに似せたフィッシングサイトによる被害が相次いで発生しました。
しっかりURLを確認し、正しいURLをブックマークに登録する等対策をしておきましょう。