【詐欺通貨?】ノアコイン(NOAH)についての情報・特徴・経緯まとめ

仮想通貨仮想通貨, 草コイン

NOAHコインについて

Screenshot of noahcoin.org

2017年にノアファウンデーションによって『フィリピンの社会問題を解決して、経済成長を支援するため』に作られた仮想通貨です。ノアプロジェクトはフィリピンの国家プロジェクトではなく、あくまでも民間のプロジェクトです。

ホワイトペーパー(日本語)

NOAHコインの目標

ノアコインの活用例としてはOFW(海外への出稼ぎ労働者)市場での送金利用が考えられます。海外で出稼ぎを行うフィリピン人労働者が、フィリピンにいる家族に送金する際、海外送金料金がかかるため、送金方法としてノアコインを活用することは有望な方法と言えます。このOFW市場の規模は3兆円に増加しているため、ノアコインはOFW市場で活用されるように働きかけています。

また国家間送金をノアコインが代替して行うことができる金融プラットフォームの開発をしており、これにより国々間送金の解決策を生み出すことを目標としています。

NOAH Cityについて

マニラ湾沿岸にアミューズメント、ショッピングモール、ホテル、カジノなどの施設建設を予定している大規模な再生プロジェクト。この再生プロジェクトが行われるエリアが「Horizo​​n Manila(ホライゾン・マニラ)」であり、このホライゾン・マニラ建設予定地は、首都マニラにある約140ヘクタールの人工島3つから構成され、トータル419ヘクタールもの敷地面積を持つとのこと。この中の一角に、一つの街としてノアシティが建設予定のようです。

公式HPより-https://noahcoin.org/

ICOからの経緯について

日本国内において広告塔としてノアコインを宣伝していたプロモーターが泉忠司という人物です。この泉忠司という人物は元々情報商材を扱っていた方で、検索エンジンで名前検索してみると悪い評判がたくさん出てきます。

この泉忠司という人物が販売していた情報商材を確認したところ、この方が自身で案件を作られたというよりも、何処か別の所から販売の依頼を受けた物の販売促進をしているように見受けられました。

またD9CLUBという仮想通貨を利用したHYIP案件のプロモーターもしていたようで、その評判が非常に悪く、現在このD9CLUBについてはあおい法律事務所にある記事を参照すると現状が把握できます。

ノアコインについても、同様に依頼を受けて販売活動をしていると思います。

詐欺通貨と言われる経緯

ノアコインは、上記泉忠司という人物が日本でセミナーや動画配信を行うことでプレセールを行っていました。そのセミナー内では「政財官民が一体となって取り組んでいるプロジェクト」や「国家プロジェクト」と言った発言をしていました。

そのような発言をして、セミナーで販売活動をしていましたが、フィリピン大使館から下記通知がアナウンスされました。

下記フィリピン大使館通知の引用です。

これは、日本の市場で「事前販売」されていると言われている仮想通貨「ノア・コイン」についてインターネット上で広まっている情報に関するものです。

日本市民の皆様から受けた問い合わせに応え、当大使館はフィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas)と証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)に確認を行ないました。

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバルの主要・副次目的からかけ離れたものです。

フィリピン中央銀行と証券取引委員会の調査では、ノア・グローバルに国債や証券、その他類似証券を販売取引するライセンスや権限はありません。

加えて、ノア・グローバルは、証券取引委員会に登録されている住所に実在していません。ノア・グローバルの事務所住所(タギッグ市フォートボニファシオのネット・リマ・ビルディング、正確には10/F, Net Lima Bldg., 5th Avenue corner 26th Street, Brgy. Fort Bonifacio, Taguig City)への現地視察と調査を行なったところ、当該企業はネット・リマ・ビルディングのテナントではありませんでした。

これらの観点から、市民の皆様はデジタル金融取引への従事には慎重になり、フィリピン中央銀行(http://www.bsp.gov.ph/)や取引証券委員会(http://www.sec.gov.ph/)などフィリピンの関連政府機関のウェブサイトを確認するようお願いいたします。

引用元-https://tokyo.philembassy.net/ja/01announcements/notice-to-the-public-9/

このフィリピン大使館のアナウンスを受けて、購入者の方からの非難がノアファウンデーションへ集まりました。

またNOAH Cityプロジェクトについて、フィリピン航空を財閥内に持つ「ルシオ・タン(Lucio C. Tan)」の協力を得ていると発言していましたが、PNB(フィリピン・ナショナル・バンク)のアナウンスにより否定されました。

以下、PNBアナウンスの引用です。

公式新聞発表
フィリピン・ナショナル・バンク
フィリピン・ナショナル・バンク(PNB)並びに PNB Savings Bank を含む子会社及び関
係会社は、以下の組織及び・又はプロジェクトと一切の関わりがないことをここに明記い
たします。

ノアプロジェクト(Noah Project)
ノアファウンデーション(Noah Foundation)
ノアコイン(Noah Coins)

同様に、PNB 代表取締役であるルシオ・タン(Lucio C. Tan)並びに他の役員、幹部職及
び従業員は、上記組織・プロジェクトとは一切の関わりを持っておりません。

PNB は、上記組織・プロジェクトの如何なる成員に対しても、その内容を問わず、PNB 又
は、その役員及び従業員の代理として、商品又は物品の販売、或は後援を懇請する権限を
付与しておりません。

PNB 及び LT グループ各社は、今回の不実の表示についてあらゆる適切な法的手段に訴え
る用意がございますので、ご安心いただきますようお願い申し上げます。
以上

引用元-http://www.pnb.com.ph/japan/images/stories/docs/press_statement_noah_jp.pdf

この2つの事件をきっかけとして購入者の非難を受け、第三期・四期プレセールが中止となり、ノアファウンデーションはプロジェクトの一時停止と延期、そして返金を希望した支援者への返金を開始することになりました。

NOAHコインの現状

上記返金騒ぎを経て、活動を停止していたノアファウンデーションですが、2018年に入り活動を再開しました。

ICOも行われ、開始早々売り切れたようです。。。

その理由として、上記の返金騒ぎまでの流れは、ノアファウンデーションの意図した動きではなく、日本のNOAHコイン代理店が勝手に行った独自の動きと考えることができるためです。

新しい動きとしては、2018年6月8日に東証2部に上場するビート・ホールディング・リミテッドにIPOを行ったことで話題になりました。

このIPOをどう判断するか悩む所ですね。。。

取引所への上場=良い通貨ではありません
どんな仮想通貨であっても、悪い言い方をすれば、お金さえ払えば最近は簡単に取引所へ上場することが可能です。

そのため、ICOに投資をする際には、上場するから大丈夫という言葉を信じずに、ホワイトペーパーを確認し、通貨の理念・何に利用されるのか・ロードマップ・メンバーなどをしっかり確認するようにしましょう。

返済騒ぎや虚偽の発言を繰り返していたため、個人的に購入は見送った方が良いのではないかと思っています。