【Masternodes.online】マスターノードの監視・収益計算の利用方法・登録手順

2018年8月27日仮想通貨仮想通貨, マイニング, マスターノード

概要

マスターノードとは?

仮想通貨にはノードというものが存在します。
ノードは通貨の仕組みを構築・運用する上で無くてはならないもので、トランザクションやウォレットの情報を保管・管理しているものです。

このノードを数多く設定することで、通貨は分散型ネットワークを構築することが可能になります。

マスターノードとは、コインの保有数により特定のノードを設定することで、報酬を受取ることができるものです。マスターノード自体が担う機能については、通貨により異なりますが、トランザクションの保管と分散化については共通しています。

このマスターノードが担う機能への対価として、報酬が支払われます。

マスターノードが設定可能な通貨は現在たくさんあり、特徴・機能・配当額も異なります。そんなマスターノードをたくさん保有していると、日々の管理を行う必要が出てきます。

というのも、マスターノード通貨によっては期間によってマスターノードに必要な枚数が変わる通貨もあります。そのため日々情報の収集を行うとともに、監視・モニタリングも必要です。

マスターノードを監視・モニタリングを簡単に設定し、行うことができるサイトがあります。
このページではその『Masternode online』について紹介していきます。

Masternode online

https://masternodes.online/

マスターノード通貨の情報がまとめられている通貨がこのMasternode onlineです。現在400通貨以上のマスターノード通貨が掲載されています。

通貨をクリックすることで下記のような情報を確認できます。

チェックポイント

ROI:投資対効果

Paid rewards for masternodes:マスターノード報酬で支払われた数量

AVG masternode reward frequency:マスターノード報酬までの平均期間

Active masternode:マスターノード数

Supply:供給量

Coins locked:マスターノードに利用されている数量(割合)

Required coins for masternode:1マスターノードに必要な枚数

Masternode worth:マスターノードの価値

監視・モニタリング登録

上部メニュー「Monitoring」へ。その後ページ内右側の「Generate new seed number」をクリックして次ページへ。

ログインに必要な英数字が生成されますので、どこかに保存しておきましょう。

一つ前の画面に戻り、左側「Sign in」に生成された英数字ログイン情報を入力します。

これでモニタリング画面へログインできます。
次にモニタリングしたいマスターノードを設置しているVPSのIPアドレスかパブリックキーを入力します。

入力すると入力した情報に当てはまるマスターノード通貨が表示されるので、モニタリングしたい通貨の右側「Add to monitoring」をクリック。
※VPSサーバーに複数マスターノードを設置している場合、複数の通貨が表示されます。

追加すると、このように収益を計算することが可能になります。

複数のマスターノードを設定している際には、収益計算が難しくなりますが、このサービスを利用することで簡単に収益計算を行うことが可能になります。

※モニタリングに対応していない通貨もあるようです。

Coininf管理人
以上が『【Masternodes.online】マスターノードの監視・収益計算の利用方法・登録手順』でした。