二段階認証「Google Authenticator」の利用方法・設定方法【機種変更・バックアップ】

仮想通貨仮想通貨, その他

Google Authenticatorとは

利用しているアプリやサービスのセキュリティーを高めるための手段として、『Google Authenticator』を利用することは有効な手段です。仮想通貨取引所でも不正アクセスを防ぎ、資産を守るために二段階認証を設定することはとても重要です。

初めて二段階認証を設定する際に、これで利用方法は間違っていないか不安になる方もいると思います。

そのため、このページでは二段階認証アプリの中で一番利用されている『Google Authenticator』の使い方・設定方法と機種変更時の注意事項などをお伝えします。

また本ページでは、機種変更時に気をつけておきたい注意点やバックアップの取得方法などを合わせて説明していきます。

Google Authenticatorの設定方法

アプリの準備

はじめにアプリのダウンロードを行いましょう。

Apple用

Android用

アプリのダウンロードが完了したら起動しましょう。

アプリの起動

はじめに確認画面等が出てきますので、読みつつ先へ進みましょう。
すると下記画像のようなページが出てきますので、右下赤枠をクリック。

次に赤枠内「バーコードをスキャン」をクリックしましょう。

QRコード読み取りのため、カメラ機能が起動します。

QRコードの読み取り

今回は海外の取引所「Binance」で設定をしてみようと思います。

Binance」アカウントページから「Google Authentication」の設定へ。左側にQRコードが出てくるので、それを「Google Authentication」アプリから読み取りしましょう。

記入欄

16-digit Key:バックアップコード(記入されています)

Login Password:バイナンスのパスワードを記入

Google Authentication Code:アプリに表示されている6桁の数字を記入

これで二段階認証設定の追加完了です。別のサービスやアプリを利用する際にも同様な手順で二段階認証を設定することが可能になります。

バックアップ・機種変更

バックアップについて

スマートフォンを紛失した際にバックアップを準備していなければ、二段階認証を設定しているサービスを利用出来なくなる可能性があります。国内のサービスを利用している際には、サービスの運営等へ連絡することでログインが出来るようになる可能性はあります。海外取引所等で二段階認証を利用している際には、事前にバックアップを残しておくことをオススメします。

先程説明した「Binance」でバックアップの取得方法を説明します。
下記画像右側に「バックアップコード」と赤文字で記載している部分があります。
こちらをパソコンのローカル環境や手書きでメモ等して残しておきましょう。

バックアップコード」はアプリ内で「提供されたキーを入力」クリックから入力し追加可能です。

POINT

二段階認証のために読取したQRコードを画像としてローカル環境に保存しておくことで、バックアップを残すことも可能です。私自身はQRコードの保存に合わせて、以前使っていたスマートフォンでQRコードを読み取ることでスマートフォン紛失等に備えています。

機種変更について

機種変更をする際には、バックアップが残っていることを確認しましょう。バックアップを保存している際には、そのバックアップを利用して二段階認証を設定しているサービスへログインすることが可能です。

もし、バックアップを残していない二段階認証を設定しているサービスがある際には、事前にそのサービスの二段階認証を解除する等の対応を取りましょう。