BitZeny(ビットゼニー)のCPUマイニング方法・設定手順

2018年6月8日仮想通貨仮想通貨, マイニング, 草コイン

はじめに

このページではBitZenyのCPUマイニングの方法を説明していきます。
日本発の仮想通貨で、マイニング(CPU)がやりやすい特徴があります。

※草コインのため、リスクを承知の上でマイニングも行うようにしましょう。

手順

設定1(受取用アドレスの準備)

マイニングを行うにあたって、採掘した通貨を受け取るための受取用アドレスが必要になります。
この記事では、BitZenyの専用ローカルウォレットを利用した説明を行います。

BitZeny

Screenshot of bitzeny.org

上記サイトから自分の環境に合わせたローカルウォレットをダウンロードしましょう。

ローカルウォレットを実行すると、ファイルが作成されます。

ファイルについて

C:\Users\user1\AppData\Roaming\BitZeny

こんな感じのファイル構成です。

また下記画像のようなウォレットが起動します。
同期するまで待ちましょう。(かなり時間がかかります)

ここで右下のアイコンを確認しましょう。
右側アイコンの緑のチェックマークがあれば同期完了です。

次は受取用アドレスの準備をします。
ウォレット上メニューの「受信」をクリック。

ラベルに好きな受信名を入力(例:mining)
入力したら、「Request payment」をクリック。

そうするとこのようなQRコードと受取用アドレスが生成されます。
アドレスをコピーする」をクリックして、アドレスをどこかにコピー保存しておきましょう。

設定2(マイニングプールに登録しよう)

LA Bitzeny Pool

こちらのマイニングプールを利用してマイニングを行いますので、登録をまず行っていきます。

左側メニュー「サインアップ(Sign Up)」をクリックし登録画面へ。

記入欄

ユーザーネーム:英数字で入力

CoinAddress:受取用コインアドレス(BitZeny)を入力

パスワード(Password):パスワードを入力。Repeatにも入力。

Email:メールアドレスを入力。Repeatにも入力。

暗証番号(PIN):4桁の数字を入力。

規約同意にチェックを。
また表示されている英単語を入力し「Register」をクリック。

プールへの登録が完了したら、次はワーカーの編集を行います。
左側メニュー「My Account」→「ワーカーの編集」をクリック。

記入欄

Worker Name:好きなworker名を記入

Worker Password:好きなパスワードを記入

記入後「Add New Worker」をクリックすると、右側の「Worker Configuration」にワーカーが追加されます。

cpuminerの準備

下記URLから最新のBitZenyに最適化されたcpuminerをダウンロードしましょう。

解凍すると下記のようなファイルが展開されます。

このフォルダに新規テキストファイルを作成編集します。
フォルダ内で右クリックし、「新規作成」→「テキストドキュメント

そのテキストドキュメントに下記のような記入を行います。

記入内容

minerd -a yescrypt -o stratum+tcp://jp.lapool.me:3014 -u User.Worker -p Password

minerd250.exeの部分には、フォルダ内のminerd.exeのファイル名を確認して入力してください。

上記のような記載が完了したら、ファイル名を○○.bat(名前はなんでもOK)に変更し保存します。
これでマイニングに必要な準備は全て終わりました。

マイニングを実行する際には、作成した○○.batをクリックします。
クリックすると下記のようにコンソールが起動しマイニングが開始されます。

yay!!!の表記があればマイニング成功です。

採掘状況は、Lapoolのダッシュボードから確認可能です。
以上が「BitZeny(ビットゼニー)のCPUマイニング方法・設定手順」でした。