ABJcoinのPoSマイニング方法・手順

2018年6月6日仮想通貨仮想通貨, マイニング, 草コイン

はじめに

ABJcoin

Screenshot of abjcoin.org

ABJcoinはブロックチェーンを通じてアフリカと世界市場を結びつけることを目的として活動しており、目標にはアフリカのfiat(法定通貨)とABJcoinをペアに取引可能な取引所の開設も含まれます。

これからアフリカでの仮想通貨取引が活発になるにつれ、価格の上昇が見込めるのではないかと考え、私は投資しています。
似たような通貨でDBIXやRKCなどがあります。

現在のマーケットキャップのランキングは700位前後で、完璧な草コインです。
草コインへの投資にはリスクがあるため、リスクを承知での投資を行いましょう。

取引所

Trade Satoshi

Screenshot of www.tradesatoshi.com

取引所へ

Stocks Exchange

Screenshot of stocks.exchange

取引所へ

PoSマイニング手順

ウォレット準備

まずはローカルウォレットをのダウンロードを行いましょう。
WindowsとLinuxウォレットがありますので、環境に合わせてウォレットをダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了したら、「abjcoin-qt.exe」を実行しウォレットの作成を行います。

C:\Users\owner\AppData\Roaming\Abjcoin

このような場所にウォレットが作成されます。
ファイル構成はこんな感じです。

ローカルウォレットを実行すると、同期が開始されます。
同期が完了するまで待機です。(とても時間がかかる可能性があります)

右下に注目してみましょう。
画像のように一番右側に緑のチェックマークがあれば同期完了です。

ウォレットの同期が完了したら、次はウォレットの暗号化を行います。
ウォレット上メニュー「設定」→「ウォレットの暗号化」をクリックし、設定したいパスワードを入力しましょう。

メモ

※ウォレットを暗号化した後でウォレットを起動する際には、暗号化後の「wallet.dat」ファイルが必要になります。必ず別の場所にもバックアップを保存しておきましょう。

ローカルウォレットへの送付~アンロック

ローカルウォレット上メニュー「コインを受け取る」で受取用アドレスを表示。

そのアドレスへ取引所から送金を行いましょう、数分で取引が反映されます。
次はウォレットをアンロックします。
上メニュー「設定」→「ウォレットのアンロック」をクリックし、パスワードを入力する。
画像一番左側の南京錠アイコンのように鍵が開いていればアンロックしている状態です。

アンロックした状態で放置していると左側2番目のトンカチのアイコンが赤くなります。
この赤い状態はPoSを行っていることを示しています。
ここまでできれば後はPCの電源を落とさずにローカルウォレット開きっぱなしで放置していくとPoSを行ってくれます。

まとめ

ABJcoinのPoSは年利15%です。ただ、PoSでの利益だけでなく今年は値上がりによる価値の上昇も見込めるのではないかと思い、私は期待してPoSを行っています。

自分のための備忘録的に書いているため、至らない点もあると思います。書いていることが間違っているなどありましたらTwitterから連絡いただければ幸いです。

以上が「ABJcoinのPoSマイニング方法・手順」でした。